top of page

アガベチタノタ白鯨

アガベ チタノタ 白鯨とは?

チタノタ白鯨はアガベの中でも最も人気がありコレクターが多い品種と言っても過言ではありません。初心者でも育てやすくアガベ入門に適している品種の一つと言えます。

そんな白鯨ですが日本に以前から流通しているものと台湾などの海外に渡り、現在流通しているものがあります。

現在の流通している白鯨のほとんどが台湾の環境で育成されているものです。

(画像の白鯨も台湾産の白鯨です)


白い棘の多肉植物

アガベ白鯨の特徴

葉は幅広でボール状に巻き込む葉に真っ白で厳つい特徴的なうねりのある鋸歯を特徴とするチタノタです。

成長速度も早い品種ですので小さい株から育てて成長の過程を楽しむのもオススメです。

サイズはあまり大きくならないですが小さくても十分に鑑賞価値がありコレクターも数多く存在する品種です。


アガベ白鯨

アガベチタノタ白鯨の注意ポイント

非常に人気のアガベ故にニセモノが出回っている事も事実です。

子株の頃は特徴が出づらく見極めるのは上級者でも難しいので特徴の出ているサイズの株を購入するのが一番のポイントです。

やはり値段は高くなってしまいますが、これは本物なのかな?と不安に思いながら育てているより特徴の出ている個体の購入がオススメです。


 

■アガベチタノタ・オテロイの基本的な育成方法■


【室内育成の場合】

・春:植えている用土が乾いたら2日〜3日置いてたっぷり水やりしてください。

   アガベの成長期で植え替えを考えている場合はこの時期に植え替えてください。

   液肥は水やり3回に一回を基本として行います。


・夏:植えている用土が乾いたら2日〜3日置いてたっぷり水やりしてください。

   気温が暑くなり夏バテ気味になりますので活力剤を水やりの際に与えてください。

   液肥は水やり3回に一回を基本として行います。


・秋:植えている用土が乾いたら2日〜3日置いてたっぷり水やりしてください。

   アガベの成長期で植え替えを考えている場合はこの時期がラストチャンスです。

   根をあまり崩さないように植え替えした方が安定して冬を越せます。

   液肥は水やり3回に一回を基本として行います。


・冬:植えている用土が乾いたら2日〜3日置いてたっぷり水やりしてください。

   液肥は水やり3回に一回を基本として行います。

 

アガベの購入ならアガベ専門店モンスターハウス

こんな魅力的なアガベの購入をご検討中の方は一度アガベ専門店モンスターハウスの

WEBショップをご覧ください。

海外から輸入したアガベを国内で健康な状態まで育成し皆様にお届けしておりますので初心者の方でも安心して購入いただけます。



ความคิดเห็น


bottom of page