top of page

【アガベ育成の基本】風の役割とは?




アガベの育て方 風の役割とは?

第二弾はこちら!【風の役割】のご紹介です。

アガベ育成を行なっていると【風を当ててください】と言う

フレーズを何度か聞いた事があると思います。

何で風が重要なの?と思いませんか?

今回はそんな皆様の疑問にお応えしていきます。


風の役割とは?

アガベ育成の不可欠な要素!それは風です。

風にはどんな役割があるのか見ていきましょう。

・徒長を防ぐため

・用土を早く乾燥させるため


徒長を防ぐためにしっかり風を当てよう

アガベは外部からの刺激を与えることで縦方向への成長を抑制し低重心で横方向への成長を促す効果があると言われています。

そのため風が当たると株にストレスがかかり、本来成長に使うはずのエネルギーも消費して成長が抑制されると言われています。

屋外では自然な風で十分なのですが室内の場合はサーキュレーターを回して室内の空気が常に動いている環境で育てましょう。


用土を早く乾燥させる為

アガベは多湿な環境を嫌います。ですので用土は水やり後できるだけ早く乾燥させる必要があります。高温で多湿な環境が続くと病気にかかるリスクが増えてしまいます。

乾きやすい用土で風を当てて温度と水分がこもらないようにしましょう。


まとめ

アガベをカッコよく健康的に低重心に育てる為には風は必須です。

風がない状況だとアガベが嫌う高温多湿な環境になってしまい病気にかかって最悪枯れてしまう事もあります。

屋内の場合:サーキュレーターで風の強さは人が当たって心地良いと感じるくらいの柔らかい風で十分です。

屋外の場合:自然の風をたっぷりと当ててください。


その他わからない事などございましたらお気軽にご質問ください。



Commentaires


bottom of page